毛永久スムーズストレート日本 Rebond クリームヘアトリートメントのため、髪リラクサ

$1.00 - $7.00
最低は発注量
100 ピース
最新価格を取得
企業情報

Guangzhou Hodm Professionals Cosmetics Co., Ltd.

CN メーカー
応答時間
<24h
回答率:
89.8%
件の取引
US$ 10,000+
有料会員期間:5年 ゴールドサプライヤー オンサイトチェック トレードアシュアランス
もっと見る

詳細

港: China Port
支払い条件: T/T,Western Union,Paypal
供給力: 3000 pcs / Day
タイプ: アルカリ
使用: ストレート
原産地: Guangdong 中国
銘柄: OTTO KEUNIS
認証: ISO 22716: 2007 と GMPC
モデル番号: 縮毛矯正クリーム 03
ボトル: ポーチ
機能: 髪ストレート、健康とシニー
成分: 豊富で加水分解ケラチン &amp;amp; コラーゲン
使用: 永久ストレート
グレード: 優れた加水分解ケラチン &amp;amp; コラーゲン製ブラジル
利点: ストレートヘア追加水分残基なし優れたグロスと輝き
容量 (Ml): 縮毛矯正クリーム: 250 ミリリットル * 2,500 ミリリットル * 2,1000 ミリリットル * 2 すべてのボリューム可能
証明書: ISO 22716: 2007 と GMPC
OEM/ODM: 縮毛矯正クリーム
ブランド: 独占サロン
納品の詳細: 出荷さで1日後支払い
包装の詳細: pe、ペットボトル、バッグ用サロン熱い販売永久髪矯正クリーム、プロフェッショナル使用酸タイプ矯正クリーム滑らかな縮れヘア

Exclusive-Salon_01.jpg

毛永久スムーズストレート日本 Rebond クリームヘアトリートメント用

OTTO KEUNIS hair cream for natural hair 500ml

OTTO KEUNIS hair cream (2)

 

製品名

毛永久スムーズストレート日本 Rebond クリームヘアトリートメント用
製品番号PT-S-01103
ボリューム500 ミリリットル * 2
ブランドPRO-TECHS
機能永久矯正クリーム
MOQ100 個
OEM & ODM暖かく歓迎
パッケージあなたの条件によると
リードタイム1-7Days

OTTO KEUNIS EXCLUSIVESALON 不可欠矯正クリーム & 中和クリーム 
OTTO KEUNIS 独占サロンD & eacute; frisant 不可欠 & neutralisant essentiel

自然と耐性髪

Cheveux naturels et r & eacute; sistants

 

500 ミリリットル e 16.9 fl 。 オンス。

 

HODM プロフェッショナル製品サロン髪パーマ & ストレートヘアクリーム & コラーゲン髪リラクサ---自然と耐性髪 

独占サロン不可欠 STRAIGTENING クリームは、プロ、永久矯正システム変換カーリーや波状房にスムーズ、絹のようなと光沢のある見て。 臭ブロック! 天然空調成分劇的かつ長期的な結果を提供 immediately. それを滑らかキューティクル、損傷を防ぐ、静的排除 & flyaways と改善質感 & 。 このユニークな式も濃縮コラーゲンと multivitamins に提供インナー髪強度。

 

方向: 
プロの使用のみ: 無保証、明示または黙示はに任意のユーザー除くプロ。

 

不可欠矯正クリーム:
を> 、カバー肩の部分プラスチック岬やタオルとシャンプー髪シャンプー。 ないブラシ、こすったり精力的にシャンプー頭皮前矯正クリーム。 タオル乾燥した髪徹底的に!
B> 、櫛とセクション 4 つのセクションに。 首のうなじで開始、 3/4 "partings 全体セクション。
C> 、適用不可欠 STRAITHENING クリーム1/2 50inch セクションセクションによる首のうなじで開始。 を広める製品全体に毛の長さ両端を含むながらルート領域。
D> 、優しくコーム髪ストレートでワイド歯櫛とミディアムテンション。 継続までトップのヘッド優しくコーミング各セクション、を確認があるか製品で髪に。

 

処理:
を> 、プロセスの髪で室温。 カバーや乾燥機を使用しない。
B> 、プロセスのための 5 分。 を取る髪の中間点で間王冠と首のうなじ。 コイル周り人差し指。
C> 、そのコイル状フォーム維持する、それが完全に処理されます。 を場合コイル、髪ニーズ追加の処理。
D> 、一緒に異なる位置にこのテスト実行毛髪ストランド (トップ、ミドルと終了) 。 このテスト場合示しは髪が十分より多孔領域で処理の毛髪ストランド (最後の毛髪ストランド) より耐性がないクラウン領域、場所髪の端をタオルの上にスプレー処理部分 (最後の髪ストランド) 水でスロー/停止化学反応。
E> 、このテスト実行いくつかさまざまな分野: クラウン、バック、サイドとトップ。
F> 、繰り返しこのテストすべて 5 分まで処理は完了しました。
グラム> 、処理するときは完全な髪をすすぎのための 5-7 分。
H> 、、ストレート維持できるだけの間にすすぎ手順。

 

処理時間:

破損 & 感毛: 30 分最大
通常の髪: 45 分最大
にくい髪: 45 分最大
非常に耐性髪: 60 分最大

 

鉄操作上の注意:
を> 、髪への損傷を防止推奨され、完全に評価。 破損または弱体化には使用しない。
B> 、安全な温度の鉄は 180 °C/356 °F 以下。
C> 予熱、鉄 1 分間。 移動するとき、鉄ない無理な圧力としてこれは髪に損傷。
D> 、ないタッチ頭皮ようでそれは原因肉。

 

鉄操作:
を> 、すすいだ後アウト不可欠矯正クリーム、指で髪を乾燥する乾燥機、残す 10-20% を使用する前に髪に水分矯正鉄。 あまり水分場合は左髪に、熱の鉄蒸気生成されます、に刺激引き起こす可能性があり。 また、髪が乾燥しすぎている、髪が破損します。 余分な注意にドライに毛適切な状態。
B> 、櫛とセクション。
C> 。首のうなじで開始、取る 1/8 "セクションより長くない長さの鉄。
D> 、維持鉄少なくとも 1/2 "に 3/4" から頭皮。 近く開始ルート領域、治療 1/3 幹、プレス、スライドと繰り返し 2 回
場所ごとの 2 秒の合計。 次のセクションに行く繰り返しこの
髪が終了します。 を維持ないホット鉄 1 場所
任意の長さの時間やヘア破損/燃焼発生。 櫛直接髪に使用する必要があり終了からホット鉄燃焼防止するための指。 以来髪付近頭皮終了よりも耐性、それその領域まっすぐことが必要。 いくつかの蒸しが注目される手順の間。 この手順までトップのヘッド。
E> 、ピンに時間の任意の長さのクリップを使用しない髪。

 

不可欠中和クリーム:
を> 、とき鉄操作が完了し、やさしく毛可能として滑らかストレートワイド歯櫛を適用不可欠中和クリーム。 で開始し、うなじと 3/4 "partings 全体セクション。 均等に両端にルートから髪を飽和させ。
B> 、ワイド歯櫛で髪をとかしストレートに髪を維持しながら構成を配布する中和剤全体に均等に髪。
C> 、プロセスのための 5 分、徹底的に洗い流し不可欠中和クリーム約 5 分。
D> 、髪は準備ができました。 ないシャンプーのために 48 72 時間。

 

発毛治療:
を> 、従っ上記。
B> 、適用不可欠矯正クリーム 新たな成長領域にのみ、開始 1/2 "頭皮から。 5 室温で処理後、
取るストランド処理された毛髪とコイルのまわりでそれをインデックス指。
C> 、処理された毛髪ストランド場合維持そのコイル状フォーム、髪がされ完全に処理されます。 を場合コイル、髪ニーズ追加の処理。
D> 、このテスト実行いくつかさまざまな分野: クラウン、バック、側面と上部に沿って異なる位置でなく処理された毛髪ストランド。
E> 、繰り返しこのテストすべて 5 分まで処理は完了しました。
F> 、このテスト示し処理はほぼ完全な、髪の櫛残りによる製品とプロセスさらに 3 分。

 

処理時間:
破損 & 感毛: 30 分最大
通常の髪: 45 分最大
にくい髪: 45 分最大
非常に耐性髪: 60 分最大
グラム> すすぎ、のための 5-7 分。
H> 、を実行ステップアイアン操作説明セクション通過ながら主新しい成長ホット鉄上以前に処理された毛髪。
私は> 、実行手順に記載された不可欠中和クリームセクション。
-ホームメンテナンスで顧客のための推奨事項:
OTTO KEUNIS 推奨 OTTO KEUNIS ケアシリーズ製品でのホーム製品を維持するために、クライアントの髪最適な状態で。

 

注意: 
で子供の届かない所に保管。 従ってください方向の燃焼避けるために慎重に頭皮や肌、脱毛、と目。 原因場合皮膚刺激、すぐにすすぎ。 持続刺激場合、医師に相談してください。 目に取得場合、すぐにすすぎと医師にご相談ください。

 

Exclusive-Salon_02.jpg

バイヤーのフィードバック

13 EXCLUSIVE SALON.png 

2018.08_04.jpg2018.08_05.jpg2018.08_06.jpg2018.08_07.jpg2018.08_08.jpg2018.08_09.jpg2018.08_10.jpg2018.08_11.jpg2018.08_12.jpg2018.08_13.jpg

 

;